FC2ブログ
2017
10.09

11 いなぎ苑陶芸講座

いなぎ苑で陶芸講座開催

稲陶会の稲城市支援ボランティア活動の一環として
「いなぎ苑・介護支援サービスセンター」 にて
作陶を指導しています。

本年5月末より、 おもにデイサービスの方々を対象にした
陶芸講座を月 3〜4回ほど実施。
正味は1時間ですが、準備と後片付けで3時間ほどかかります。
ほかに素焼き、 釉がけ、 本焼きは稲陶会の3人で行います。
先般9月末に 初めての本焼きまでこぎ着けました。
1ラウンドしたので、 その様子をご報告いたします。


inagiennno hito002

毎回 2名の講師で 7〜10人に (2テーブル) 手捻り作陶を受け持ちます。

inagiennno hito001

今日のテーマは 「平目=ヒラメ」 と 「河豚=ふぐ」 の小皿。
一人2個作ります。


ヒラメ

2017:10:4いなぎ円本焼03

下は素焼きの窯出しです。

上の段から見ると、 茶碗、 子犬の置物、 サヤエンドウの箸置き、
ノエルの小枝小皿、 フクロウの置物、 ムツゴロウの箸置き、
奥の方に小皿やウサギや亀、 動物の箸置き など…。
1時間で作るので、 すべて小品です。


IMG_4724.jpg

釉がけは好天に恵まれました。 屋外でやるので何よりラッキー!
3か月分の素焼き約100個を 3人で一気に釉がけします。


IMG_4766.jpg

少品種大量釉がけなので、 かなりの手作業です。

IMG_4764.jpg

仕上げのワンポイントは一つづつ筆塗り。

IMG_4757.jpg

「ノエルの小枝小皿」。 森の小枝を組んで小皿にしました。
かわいい小鳥がアクセント。


IMG_4768.jpg

電気窯で本焼きです。 丁度すっきり窯づめできました。
座布団はほどんどしませんが、 織部釉の作品のみ 敷き板をします。

さて、 スイッチオンです。 
電気窯なので ガスや風の調節、 火の当番は不要です。
あとは二日後以降に 窯出しします。


2017:10:4いなぎ円本焼2
                (2017/10/10 photo by kon & doi & koba)



いなぎ苑窯の本焼き窯出しです


初めての窯出しです。
いつの時も窯出しはドキドキもの…

IMG_693701.jpg

電気窯の各棚の様子です。
いい色が出ていますね。
よかった!

IMG_693802.jpg

IMG_693903.jpg

IMG_694004.jpg
                     (2017/10/14 photo by doi)




いなぎ苑の陶芸講座の初作品です


釉薬が透明、 織部、 黄瀬戸の3つしかないので、 トルコ釉と赤萩釉を持ち込みました。

フクロウの置物はよい出来です。

1.jpg

サヤエンドウは緑色がきれいです。
ムツゴロウ、 かわいいでしょ?


2.jpg

ノエルの小枝小皿。
焦げ茶色があまり出ませんでしたね〜、 ちょと残念。


3.jpg

湯のみです。 織部でワンポイント。

4.jpg

どうぶつの箸置き。
少し難しかったかも…。


5.jpg

小皿と箸置きです。  う〜ん、 あと何色か釉がほしいところですね。

6.jpg
                     (2017/10/14 photo by kon)

来月、 皆さんのキルトパッチワークや絵手紙、折り紙など手芸作品の展示会があるそうです。
焼き物に関しては、2年ほど陶芸講座がなかったとのことなので、
今年はこれらの 「陶芸作品」 が皆さんの存在感を演出するのではないでしょうか。






◆稲陶会の作品をご紹介 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 荒田 みわ子さん(陶友)9/25
 アップしました。up.gif







⭐️1日1回応援クリックよろしくおねがいします!






スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top